パーニャ!/+夏至にヤバイ映画みた話

つぶやき

パーニャ!

 

最近、むすめにあんの様子がおかしい。

 

アーニャ、ピーナッツが好き♡

※むすめにあんは ピーナッツをはじめとするナッツ豆類嫌いである。

かわいい女の子が好きである。

 

私がYoutubeで

SPY×FAMILYアーニャの動画を見続けており

そこから、アーニャにはまってしまったようだ。

(本編は観たことがない)

 

アーニャのかわいさに、親子でドはまり中である。

 

むすめにアーニャ、爆誕。

 

ちゃんと声色を変えてまねしてくるあたり、

さすがと言わざるを得ない。

 

アーニャの存在を知らなかった ぱぱらいおん

むすめにあんのアーニャのまねっこを、

なんだそれ(笑)」と言っていた。

 

ちょっとしたアーニャブームが巻き起こっている、今日この頃。

 

ばちゃカンガルー

おみやげのはなし より 夫のお母さんである)

 

むすめにあんからのお土産の

ハイレモンが、何者かによってつまみ食いされていたのだ。

しかも、2粒も、だ。

 

何をするだーッ!!許さん!!

 

大体、私のおやつを勝手に食べるやつは、一人しかいない

 

 

ねぇ!ぱぱらいおん!私のおやつ食べたでしょ!?

 

んぁ?えっ?俺じゃない…俺じゃない…(キョロキョロ)

 

明らかに挙動不審である。

疑いが、確信に変わった。

 

そして、次に紡がれた言葉に、

度肝を抜いたのである。

 

 

 

 

パー…ニャ…?

 

 

流れる沈黙、止まる思考。

理解が追い付かない。

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの顔である。

(アーニャトレスのつもりですが、アーニャファンの方、大変申し訳ありません)

 

 

(ぱぱらいおん)ではなく、パーニャ(外見おじさん中幼女)が食べたということらしい。

 

じゃぁ仕方ないネ★

 

とはならなかったので、ぱぱらいおんのヨーグレット1粒つまみ食い返しした。

 

ウッカリ誕生してしまったパーニャ

現在も、ちょくちょく登場する〇上家である。

 

 

夏至にヤバイ映画みた話

 

Amazonプライム会員になった〇上家。

primeビデオで、いろんな映画を観ることができるのだが、

ずっとずっと気になっていた映画を、

ついに観たので、ネタバレはしないように感想を書いていこうと思う。

どうしてもこの気持ちをどこかにぶつけたい!という気持ちを、

ぜひ感じてほしい…(笑)

 

ミッドサマー を 夏至に観た

 

正確には、6月初めに序盤だけ観ていたのだが、字幕版しかなく、

(家事をしながら観ることが多く、字幕を追えないから吹替派)

ゆっくり腰を据えて観れる時までお預けしていたのだ。

 

そして、夏至の日

映画の内容も、夏至を祝う祝祭の話ってことで、

これは神様が観ろって言ってる!!言ってりゅううぅぅうう!!!

と、IQ3くらいの事考えながら観た。

観終わるまでに3日かかった。

 

感想としては、

・もう見たくない(褒め言葉)

・映像の暴力褒め言葉)

・どんな感情でこれを作ったのか知りたい(褒め言葉)

 

映画の色調、全体的にやけに明るくて、コントラストも強く彩り豊か、

花や植物、自然や空の色が非常に美しく、

そこで繰り広げられるもののギャップがすごいことになっていて

やば。

やば。

って言いながら観ていたと思う。

あまりのギャップに、語彙力消失するレベルだ。

(もともとない)

 

後半の30分くらいはもう怒涛

目の前で起こっていることは とてつもないのに、

劇中で流れてくる音楽や歌はやたら明るくて神秘的で、

それが余計怖さや残酷さを引き立てている。

 

とにかく、嫌な気持ちになりたい(褒め言葉)人は、

絶対見てほしい。

 

ただ、好き嫌いははっきり分かれると思う。

 

生理的に受け付けるか、受け流せるか、刺さるか、のどれか。

私は、たぶん受け流せた。

 

しかし、観終わるまでに、なんせ3日かかっているため、

結末にたどり着くまでのもやもや感、

こんなに思考が占領される映像と発想は他にないと思う。

一度観たら忘れられないとも思う。

 

良くも悪くも、人の脳裏に焼き付けられるほどのものを作るって、

本当にすごいことだと思う。

 

 

 

これも気になっているので、

そのうち観たいと思う。

 

(この2作品 監督が同じ人である)

コメント

タイトルとURLをコピーしました