【畑のお肉で】お豆腐とチョコレートだけ!?簡単生チョコレート【作ってみた】

つぶやき

バレンタインも近づき、スーパーの店頭には

大量の茶色いアレ…そう、うんチョコレートだ。

(ん?今なんか聞こえた?)

 

私は甘いものが大好き。

チョコレートも、浴びれるもんなら浴びたいくらい。

しかし、気になるのはその糖分脂肪分

そう、おカロリーの高さである。

 

どうか合法的に、高カロリーを気にせず

チョコレートを浴びられないか…

 

考えた。私は。その食欲に突き動かされるように…

 

そこで、あるレシピを発見した。

「材料2つ!豆腐とチョコレートで作る生チョコレート」

 

これだ。

 

これは、作るしかない。

ちょうどお豆腐がある。チョコレートは、スーパーで購入した。

甘すぎるのは、さすがにつらくなるお年頃なので、

ブラックチョコレートとミルクチョコレートを半分ずつ購入。

 

さっそく作ってみた

思い立ったが吉日、すぐに行動しないと気が済まない。

仕事帰り、氷でガタボコの道をうっきうきでスーパーに向かい、

材料を買いそろえ、作ってみた。

靴下半脱げたぬき足を添えて…

生活感あふれるタッパー詰めのチョコレート。

 

材料

・チョコレート 200g(meiji ミルクチョコレート2枚ブラック 2枚

・絹ごし豆腐 150g(軽く水切りしておく

・ココアパウダー(森永の純ココアを使用)

※ココアパウダーは、トッピング用です

 

作り方

①水切りした絹ごし豆腐を、裏ごしする

②細かく刻んだチョコレートを耐熱容器に入れ、電子レンジで温めて溶かす

※一気に過熱すると、焦げたりするので、様子を見ながら600wで1分くらいで溶かしていく

③豆腐とチョコレートを混ぜる

※混ぜ残しなどないように

④クッキングシートか、ラップを敷いた容器に、生地を流しいれならす

⑤冷凍庫で30分ほど冷やす

(冷蔵庫、ではなく、冷凍庫がよいそうだ。一気に冷やす。)

(私は、外に放置した。雪に埋めた。

⑥切り分けて、ココアパウダーをかけ、完成!

 

かなりサクッとできてしまう。

お子さんと、一緒に作るのにおすすめである。

 

食べた感想

一晩おいておくといいかも?

実は、作って切り分けてすぐに欠片をちょびっと食べたのだが、

お豆腐感が強かったのだ。

ヤバイ…失敗したか…?と思っていたので、家族に作成を告知せず

そっと冷蔵庫にしまったのだが、

翌日ちゃんと食べたら、ちゃんと生チョコレートの味になっていた。

おそらく作ってすぐだと、お豆腐感が強い味なのだが、

半日~1日置くと、チョコが浸透して、味がしっかり整うようだ。

(あくまで個人の感想である)

 

もう少し甘くてもよかった

チョコレートもそれなりに入れるので、甘くなりすぎるかと、

ミルクチョコレートと、ブラックチョコレート1:1で混ぜたチョコレート

作ったのだが、

チョコのみで食べるのではなく、甘みのないお豆腐を足しているため、

甘さ控えめになる印象。

素直にミルクチョコレートのみで作ってもよかったかな?と思った。

しかし、カロリーや糖分を気にされている場合や、

チョコは好きだけど、甘さは控えめがよいわ♡という方には、

特におすすめである。

気にせずチョコレートを浴びることができる。

 

食感はホロホロ

生チョコレートなのだが、生クリームで作った生チョコレート

ずっしり、しっとり、と表現するならば、

お豆腐生チョコレートは、ホロホロ、しっとり、という感じの、

少し軽い食感となる。

それゆえ無限に食べられてしまう…悪魔的スイーツなのだ。

しかし、カロリー控えめ

天使の面もあるので、堕天使的スイーツと呼べるだろうか。

 

来月はバレンタイン。

最近ちょっとお太りになられあそばされたお父さんや、

超絶健康ヲタクで、ハイカロリーを気にしている気になる彼

ダイエット中だけど、友チョコパーティーしたいレディたち

ぜひ、作ってみてはいかがだろうか?

 

 

追記

昨晩、この生チョコレートを作成し、

今日の夜、ブログ用に撮影しようとダイニングへだした時。

 

上記にも書いたが、失敗したと思っていたため、

ぱぱらいおんには「作ったよ、食べてね」と声をかけていなかった。

 

タッパーの蓋が閉まらず、ラップをしている状態だったのだが…

上に載っていた部分のチョコレートが、

わずかになくなっている。

 

冷蔵庫の棚の上は、むすめにあんは自分で取れない。

 

犯人は一人しかいないのである。

もしくは、共犯もいるか。

 

一応聞いてみた。

ねぇ、チョコ食べた?

 

え?しらない…しらないよ?

 

 

絶対食べてるのである。

ダメなわけじゃないのだが、

食いしん坊め…!と笑ってしまった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました