【PS4】まるで映画!?バタフライエフェクトが面白いゲーム 3選!

商品紹介

みなさんは、バタフライエフェクト という言葉をご存じだろうか?

 

蝶の羽ばたきが、どこかで竜巻を起こすように…

些細な物事や、何気ない判断が、思わぬところで大きな影響を与えているかもしれない。

という、カオス理論の一つだそうだ。

 

最近は、そんなバタフライエフェクトの要素を取り入れた、

まるで、自分だけの映画を作れるようなゲームがたくさん存在する。

その中でも、たぬきが好きなゲームを3つ、ご紹介していく。

 

※核心を突くような表現はしませんが、もしかしたら若干のネタバレを含む可能性があります。

 

 

Detroit: Become Human(デトロイト ビカムヒューマン)

 

2018年5月に発売された、アクションアドベンチャーゲームだ。

主人公は3人のアンドロイドだ。

警察に配属されたコナー

病気をしている有名な画家の身の回りの世話をするマーカス

家政婦として雇われたカーラ

チャプターごとに、各キャラクターを操作し、物語を進めていく。

 

オススメポイント

グラフィックが非常にキレイ。

そして、3人の主人公が織りなす、自分と、自分を取り巻く人間とアンドロイドの運命の行く末を、

はらはらドキドキしながら、自分が作り上げていくという高揚感。

 

私が特に好きなのは、コナーというキャラクター。

まさに、優等生のアンドロイドですっ!という感じの、

融通も利かなければ、感情もない、相方の刑事(ハンク)をイラつかせる天才なのだが、

そのコナーと、ハンクの凸凹っぷりが、なんと愛くるしいのだ。

 

UNTIL DAWN -惨劇の山荘-(アンティルドーン さんげきのさんそう)

 

2015年8月に発売された、アドベンチャーゲームホラー要素あり)。

雪山の山荘に集まった8人の男女を、謎の殺人鬼が襲ってきて…!?というお話。

 

オススメポイント

とにかくキャラクターの個性が濃い!!

アクが強いというか、まるでアメリカのホラー映画のような、

パリピが集まってやや色々ありました!という話の運びが、

そういうの大好きな人にはたまらないだろう。

いろんなホラー映画のいろんな要素を、つまんでちぎって入れましたという演出の数々も、

これまた魅力的なのだ。

 

また、日本版の製品では、グロテスクでショッキングなシーンは、暗転してしまい、

何も見えない状態になることから、タイトルをもじって

「暗転ドーン(アンテンドーン)」と呼ばれ、親しまれている。

 

HOUSE OF ASHES(ハウスオブアッシュ)

 

※Amazonのリンクが、PS4用、楽天のリンクが、PS5用のソフトとなっております。

 

昨年発売された、「THE DARK PICTURES」シリーズの第3弾とされる

新感覚ホラーアドベンチャーゲーム

(1作目: MAN OF MEDAN(マン・オブ・メダン)、2作目:LITTLE HOPE(リトル・ホープ))

なお、シリーズだが、話に関連性はなく、オムニバス形式の3つのゲームとして発売している。

そして、上記で紹介したUNTIL DAWN -惨劇の山荘-と、制作会社が同じである。

 

舞台は、2003年のイラク。

地下化学兵器施設の疑いのある建物の調査を命じられるCIAエリート部隊と、

それを待ち伏せし応戦する現地のパトロール隊

戦闘の最中に、突然大きな地震により地盤が陥没、地下深くにある神殿に迷い込み、

そこで恐ろしいモノに襲わていくが…というお話。

 

オススメポイント

立場の違う者同士が、力を合わせて、危機を乗り越えていく。

というテーマのエモさ。

そしてこちらも、キャラクターの個性が豊かで、

特にヒロイン。このヒロインが、いろんな意味で好きである。

ものすごく感情移入ができないヒロインというのも、

珍しいのではないだろうか(笑)

 

全作品に共通している バタフライエフェクトシステム

この3つの作品、バタフライエフェクトシステムが取り入れられており、

物語を進行していく上で、あらゆる選択を迫られることになる。

その選択によっては、他のキャラクターの好感度が上がったり下がったりして、

その後のストーリーに影響してくる、という要素がある。

 

また、QTE(クイックタイムイベント)というものがあり、

瞬時に指示されたボタンを押す・操作をする、ができなければ、

最悪 キャラクターが死亡し、そのまま物語が進行してしまう。ということもあるのだ。

かなりハラハラドキドキである。

 

自分のたった一つの選択で、物語が変わる。

自分だけのストーリーを作り上げられるゲーム。

とても魅力的ではないだろうか。

気になった方は、ぜひプレイしてみてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました