老いを感ずる

つぶやき

絶賛アラサー生活を謳歌中のたぬき。

この歳になって、いろんなことが変わったと

気づいたことがある。

 

特にガラッと変わった事を、3つほどあげていく。

共感してくれたら、とてもうれしい。

 

映画・ドラマの趣向

これは、思いっきり変わったと思う。

・恋愛もの、学園ものの作品

・過度にグロテスクな作品

を、観なくなった。

正確には、観ていられなくなった。

 

昔は、それこそ月9の○○のドラマ面白い~

あそこキュンキュンしちゃう~♡

なんて言いながら、毎週テレビにかじりついていた。

が、おそらく結婚してからほとんど、恋愛ものを観ていない。

恥ずかしくなってしまうからだ。

(尿意をこらえている顔ではない)

(とにかく照れてしまうのだ)

なんというか、好きだ!みたいなやりとりとか、

例えば壁ドンや、バックハグ(私はあすなろ抱きと呼んでいた)など、

通常であれば、「きゃ~♡ときめくぅ~!」となるシーンも、

変な汗が噴き出て、一人で観ていようが気まずくなる。

キスシーンなんて、観ようものなら、チャンネルを変えるであろう。

(ウブかよ…)

そういうものに耐性がない、とかそういう次元の話ではなく、

何故か恥ずかしくなってしまうのだ。

 

もう一つ、グロテスクな作品に関してだが、

地球外生命体的な、見た目がグロテスクです!とか、

現実には見たことがない」「存在しないもの」であれば、

全く問題がないのだが、

例えば、骨が折れるとか、腕がちぎれるとか、

ナイフが刺さる、とか、

現実で起こりうる

似たような痛みを体験したことがある」ようなシーンだと、

想像してしまって、

心の金玉がヒュン…となってしまうのだ。

(多分映画の登場人物より、大胆に痛がってる)

 

あとは、上記には挙げなかったが、

出産シーンは、必ず泣く。

涙腺が脆くなったのに加えて、

むすめにあんを産んだ時のことを思い出してしまうからだ。

 

すぐにお腹をこわす

これは幼い頃からではあるので、老いとは関係ないかもしれないが、

胃腸が大分弱い。

賞味期限切れのものを食べても平気なのに、

以下の食べ物は、過剰に反応してしまうのだ。

・小麦を使用した食べ物(麺類やパンなど)

・揚げ物、脂身の多い肉(豚のバラかたまりなど)

食べた後は、必ずと言っていいほど、腹痛に見舞われる

トイレとお友達コースなのだ。

 

私には悪い癖があり、

平日のごはんは、一貫して主食を米にしていることが多い。

(お弁当などの都合上)

そのため、休日にこれでもか!というくらい

麺類・パン類を食べてしまうのだ。

一日の献立を例に挙げると、

朝:ホットケーキ

昼:うどん

夜:パスタ

と、気を抜くとすぐ小麦粉祭りを開催してしまうのだ。

そして、翌日には、お腹を下すのである。

昔は平気だった揚げ物類も、最近では腹痛リストの仲間入りに。

もう食べられなくなる年頃か?とうなだれている。

 

痩せない

もはや、たぬきではない。

 

今の会社に入社した時、一気に7~8キロ痩せて、

最初のうちはキープしていたのだが、

年々、そのキープしている体重が、

+1キロ…

翌年も+1キロ…と増えている。

そして、どんなに汗をかいても、痩せなくなってくるのだ。

 

我が家には、体組成計体重の他に、体脂肪・基礎代謝・筋肉量・水分量なども計測してくれる)があるのだが、

どんどん、基礎代謝が下がり、体脂肪が上がっているのだ。

恐ろしい事である。

 

同じ生活をしていても、こうも体が変わるなんて、

人間とは、不思議である。

 

みなさんも、老いを感じる瞬間はあるだろうか。

振り返ってみると、面白いかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました