ジャンク品を売りに。

つぶやき

皆さん、家にあるそこそこ大きな家具や家電、

使わなくなった、使えなくなったものはどのようにしているだろうか?

 

去年1年の間に、ずいぶんとパソコンの不調が続いたり、

買い換えたものなどがたくさんあった〇上家。

 

捨てるとお金がかかる。

じゃぁ、売っぱらってしまおうじゃないか!!!

 

ということで、近所のHARD OFFに行くことに。

 

持って行ったもの

売ろうと思って持って行った品々は、

かなり年季が入っていて、しかもほとんどが壊れているものだった。

内訳を紹介すると、

NEC ノートパソコン(ぱぱらいおん独身時に購入、10年以上経っている)

 状態:電源やバッテリーは問題なし。OSはWindows7。

    モニターとキーボードを繋ぐ部品が破損し、もげている。

 

・Dynabook ノートパソコン(ばちゃカンガルーから譲り受けたもの。5年以上は経過)

 状態:バッテリーに問題あり。電源を繋いでいないと使えないし、常に充電要のランプが点灯。

    OSはWindows8。

 

・ソニー レグザ ブルーレイレコーダー(こちらも10年以上経過したもの)

 状態:DVD再生不可、リモコン操作不可(突然壊れた)、その後テレビにすら映らなくなる。

    電源入る以外なんの機能もないし、データ消去すらできなかった。

 

・エプソン ビジネスプリンター(2011年式)

 状態:印刷可能。かなりでかくて重たい。A3サイズも印刷できるタフなやつ。

    ヘッドクリーニングしてもきれいに印刷できることは稀。

    譲り受けたもの。

 

・釣り竿とリール(ぱぱらいおん、幼少期から大切に保管していたもの)

 状態:修復可能ではあるが、少々壊れ気味だったそう。子供の頃に買ってもらったものらしく、

    30年近くは経っている代物。

 

・窓かぎ(先月購入)

 状態:ホームセンターで防犯用に買ったが、窓の規格と合わず使用できなかった。

    開封はしたが新品。

 

・Panasonic サイクロン掃除機(2014年式)

 状態:若干の吸引力の低下はあるものの、稼働は問題ない。

    新婚当時から使い倒しているので、経年劣化はある。

 

以上、計7点を持ち込んだ。

 

疑念

私は、高額買取!!といううたい文句を疑っていた。

 

実は過去に、中古の本屋さんに手持ちのBL本の山を

売りに行ったことがある。

その数なんと30冊程度

(しかもそんだけ売ってもまだあるっていう…)

 

その時、それだけ持って行ったのに、

なんと買取価格はたった数百円。

おやつ代にもならなかった。

 

今回持っていくのは、ほとんどが破損している

所謂【ジャンク品】だ。

 

本当に売れるの…?

そればっかり言っていた。

ぱぱらいおんは、いやいや、5000円くらいは行くでしょ!!と自信満々。

その自信どっから来るねん…

壊れとんのやぞこっちは…

と思いつつ、半信半疑で持って行った。

 

驚きの連続

えっちらおっちら持って行った。

それぞれ、HARD OFFOFF HOUSEに持っていき受付をする。

放送で呼び出され、査定額の確認をする。

 

…釣り竿はなんと1200円

ぱぱらいおんが30年近く保管していた釣り竿が大金に化けた。

壊れたパソコンたちはそれぞれ500円

電源付く以外なんのとりえもないブルーレイレコーダーも、なんと500円

 

すごい、10円20円の世界だと思っていた私は、

すっかり驚いてしまった。

 

もう一つ驚いたこともあった。

 

それは、一店舗で買い取り不可でも、

違うところに持っていけば買い取ってもらえる可能性があるということ。

 

OFF HOUSEで掃除機を査定してもらおうとしたら、

「こちらは年式が古いので、当店では買取できません。お持ち帰りください」と、

言われてしまったのだ。

買い取れなくても、処分してもらえると勝手に思っていた私は驚いてしまった。

 

もう、ごみとして出そうか…としょげていると、

ぱぱらいおんの鶴一声。

 

セカンドストリートに持っていこう!

 

えっ、今しがた拒否されたやん??

マジ?

 

と思ったけど、持って行ってみた。

 

 

なんと、すんなりOKだった。

 

セカンドストリートですんなり受け入れられた掃除機。

そして査定額はなんと…1000円

OFFHOUSEでは拒否された掃除機が…1000円!

 

そして学んだ、1か所で売れなかったとしても、

違う店に、諦めずに持ち込もうということを…。

 

合計金額

買取金額はなんと、総額 4,650円となった。

これらのものを普通に粗大ごみ、不燃ごみとして処理をすれば、

逆にお金を払わないといけないが、

こういうお店に持っていくことで、なんとお金に化けることもある。

 

使えないし、壊れているから…と思わず、

使わなくなったものは、ダメ元で売りに行こうと思うたぬきであった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました